This is the content of the ad1.php file. Leave it blank or include your ad.

ギャル曽根さん結婚

7月24日、大食いタレントとして有名なギャル曽根さんが一般の男性と結婚されました。
9歳か10歳くらい年上のディレクターさんだそうです。

そして当たり前のようにネット上で話題になっているのが、「結婚生活で食費がどうなるのか」ということです。
すごい額になりそうとか、実はそんなに食べないとかいろんな意見が飛び交ってますが、正直周りが騒ぐのも余計なお世話かと。話題としてはいいと思いますが。

ギャル曽根さんがお相手と知り合ったのは5年前で、彼がディレクターをしていた番組に出演したのが縁だったそうです。
そう考えると、ディレクターってやたらタレントと知り合う機会があって得ですね~。

Written by fujii on 7月 27th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

This is the content of the ad2.php file. Leave it blank or include your ad.

全身毛深くなってしまう「アンブラス症候群」

最も毛深い10代の少女としてギネスに登録された女の子が、先日「不可思議探偵団」という番組で紹介されました。
この女の子が毛深いのは「アンブラス症候群」という遺伝子の病気にかかっているからで、顔は動物の体毛のような毛でおおわれています。

アンブラス症候群は極めて稀な病気で、先天的なものなので生まれたときからすでに毛に覆われていたそうです。
俗に「狼ヒト症候群」と言われますが、顔回りの毛の量は獣のそれに近いと思います。

狼と言えばアマラとカマラを連想しますが、アンブラス症候群は特に知能に影響するような症状はないようです。
困るのは多毛症と、あと永久歯が生えないということ。

どうしてそういうメカニズムになるのか、というか毛と永久歯にどんな関係があるのかは不明ですが、ある遺伝子が傷ついたりすると連鎖的に起こるものなのでしょうか??

Written by fujii on 7月 26th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

This is the content of the ad3.php file. Leave it blank or include your ad.

27時間テレビ:明石屋さんまのランキング8位に優希まこと

先日の27時間テレビで、明石屋さんまさんのラブメイトランキング8位に入っていた優希まことさん。
これを機に一気にブレイクしそうな気がします。

現在21歳、経歴は 子役→レースクイーン→グラビアアイドル→AV女優 だそうです。

昔はAV女優はそんなに美人じゃないみたいな偏見がありましたが、優希まことさんはかなりの美人。
まだまだAV業界に大しては偏見が多いので、優希さんのようなアイドル級の人をどんどん投入していって改善してほしいところです。

優希まことさんが、中国でもやたら人気の蒼井そらさんくらいの人気になってくれることを期待します。

Written by fujii on 7月 24th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

『徹子の部屋』に、俳優の渡辺徹さんが出演

7月13日の『徹子の部屋』に、俳優の渡辺徹(わたなべとおる)さんが出演されます。

1981年のデビューから30周年を迎える、記念の年での出演です。
当時は「太陽にほえろ」などに出演して相当の人気がありましたが、50歳になった今でも若々しく、根強い人気があります。

元々は俳優だったものの、タレントや司会者としての活動も行い、一時期は歌手としても活動していました。
ところが渡辺さんの歌手活動は90年代後半から完全に途絶え、その後発表した曲はありません。

今回は渡辺さんが、歌をぱったりと止めてしまった理由を話してくれるそうです。
タイトルを見る限りでは、妻の榊原郁恵さんの影響がありそうですが・・・・?
どのような話が飛び出てくるのか、楽しみです。

Written by fujii on 7月 13th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

『徹子の部屋』に、岐阜うちわの住井一成さんが出演

7月12日の『徹子の部屋』に、岐阜うちわの作り手である住井一成(すみいかずなり)さんが出演されます。

岐阜うちわは有名なのでご存知の方も多いかもしれませんが、岐阜がまだ「美濃」と呼ばれていた時代から受け継がれている伝統工芸品です。

現在は岐阜うちわを専業として作っているところはほとんどなく、唯一残っている専業店が「住井冨次郎商店」だそうです。
不勉強なのでよく分からないのですが、住井一成さんはこちらの店主さんなのでしょうか。当日番組見れば分かるかな?

岐阜うちわは美濃和紙と竹をベースとしており、さらに柿渋や漆を仕上げに塗るため丈夫かつキレイに仕上がります。
これだけでも十分商品価値があったのですが、最近「水うちわ」というものが復刻してにわかに注目を集めています。

水うちわは普通の和紙より薄い「雁皮紙」という紙を使ったうえで、仕上げにニスを塗るため全体的に透明感を持っています。
実際に見てみると分かりますが、この透き通った感じは「水うちわ」の名にふさわしいと言えるでしょう。

一時は途絶えてしまったこの水うちわを復刻させたということで、今回はその話題で住井さんが徹子の部屋に出演するそうです。
実際にいろんなうちわをみせてくださるということで、今から放送が楽しみです。

Written by fujii on 7月 12th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

MHFって何?

最近周りの友人が「MHF」って単語を連発します。
何のことなのか聞いてみると、「モンスターハンターフロンティアオンライン」の略だそうです。普通に「モンハン」じゃだめなんかいな。
と思って聞いてみると、それだとPSP版なのかPC版なのか分からないからダメらしい。

自分もPSP版(2ndG)は持ってるんですが、これはこれで結構楽しい。狩りのときのアクション要素もあるし、アイテムを集める楽しみもあるので結構多彩なユーザー層を取り込める構成だと思います。
自分なんかはアクションは苦手でどっちかというと地道に何かを集めるほうが好きですが、そういうユーザーもかなり楽しめます。
まあ、慣れればアクションもなんとなくできるようになってくるし。

だからイマイチPC版の何が楽しいのか分からないわけです。
なのでついでに「何が面白いの?」と聞くと「MHFにはMHF限定のクエストやアイテムがあるんだよ!」と目を輝かせながら答える友人。コイツ完全に中毒です。

公式サイトを見てみましたが、確かに面白そう。金をつぎ込めばオリジナルアイテムも作れるみたいですし、金と時間を搾り取る要素が随所に満載です。
最近はいろんなゲームがオンラインに進出してきてますが、こういうアイテム課金システムはやっぱり儲かるんですかね。一部のヘビーユーザーが買い支えてるらしいっていう話は聞いたことありますが。

ともあれ友人があまりのめり込まないことを祈りつつ。・・・まあ、手遅れかもしれませんが。

Written by fujii on 6月 14th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

国土地理院のお役立ちサービス

今や地図系のサービスといえばグーグルマップの独壇場になってしまった感がありますが(あと国内限定ならゼンリン)、我が国が誇る由緒正しき国土地理院もそれなりに頑張っていたりします。

まずは未だに爪跡が深く残る東日本大震災の情報。
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/h23_tohoku.html

被災地の空中写真や地殻の情報、浸水の範囲や交通情報なども載っています。
ここまで細かい情報はやっぱり国内機関ならではでしょう。天下のグーグルもさすがにここまではカバーしていません。

余談ですがページのアドレスに「BOUSAI」とついているのは若干皮肉な感じがします。防災も何も既に甚大な被害が出ちゃったよと。

そして、続いては古地図。
http://kochizu.gsi.go.jp/HistoricalMap/

学術的な研究のために保管している古地図を閲覧できるサービスです。
これも国内機関ならではですね。
普通の人がこれをどう活用するのかという疑問はさておき、解説や要約もきちんとつけられていてGOODです。
まあ学術用なので普通の人は使わないかな・・・。

国土地理院のサイトには他にもいろんなテーマの地図が載っていたりするので、自分の住んでいる地域がどういった分類に属するのかを見てみるのも楽しそうです。

サイトはこちら。
国土交通省国土地理院
http://www.gsi.go.jp/index.html

Written by fujii on 6月 10th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

道化師のソネット

ものすごい昔の歌ですね。1980年代。
確か海援隊の「贈る言葉」と同じくらいの時期なんですよね。
親がさだまさしさんのファンなので子供の頃からCDを聞かされて、その中で一番お気に入りだったのがこの曲です。

秋桜とか夜想曲とか他にも名曲はいっぱいあるんですが、なぜか道化師のソネットが一番好き。
何なんでしょうね・・・・歌詞が良いのかな?
まあ理由が何であれ、その音楽が好きで聞いていると幸せになるっていうのは素敵なことだと思います。

あとちょっと前から、たくさんのアーティストがさださんの曲をカバーし始めたのでちょっとうれしいです。
松浦亜弥さんが道化師のソネットをカバーしたときは小躍りして喜んだものです。
もちろん自分の中ではさださんの歌う道化師のソネットが一番なんですが、他の人が歌うのもそれはそれでまた一興。

人それぞれ声の質とか高さが違うので、同じ曲でも違った人が歌うとまた新鮮です。
身近なところで言うと、カラオケみたいな感じ。まあ自分の周りは素人だけなので誰が歌ってもあまり上手くはないのですが^^;

同年代にはあまりさださんが好きっていう人がいないんですが、こうやっていろんな人がカバーすると自然と原曲に興味を持ってもらえるのでいいですね。
実際には歌わないまでも、元々どんな人が歌ってたのかということを知ってもらうだけでもさださんの認知度が上がるというものです。

次は誰がカバーしてくれるのかなー。楽しみです。

Written by fujii on 6月 7th, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

No older articles

Newer articles »

 

This is the content of the ad4.php file. Leave it blank or include your ad.