This is the content of the ad1.php file. Leave it blank or include your ad.

8月 1st, 2011

You are currently browsing the articles from トレンドアンテナ written on 8月 1st, 2011.

秋吉/伊藤/清成組が鈴鹿8耐で優勝!

7月31日の鈴鹿8耐で、猛暑のなか秋吉/伊藤/清成組が見事優勝を勝ち取りました。
鈴鹿8耐は毎年夏に鈴鹿サーキットで行われる、8時間耐久のオートバイレース。今年で34回目の開催になります。

今年の大会は30日に雨が降ったために、決勝での天気が心配されましたが、当日は絶好のレース日和。というより酷暑と言って良いレベルの陽気になりました。
そんな中で優勝したのは秋吉/伊藤/清成(ホンダ)の3人チーム。122周目で秋吉がトップを奪い取り、そのまま独走状態でゴールインしました。

周回数は217回と、歴代レコードの219回には僅かに及びませんでしたが、素晴らしい走りを魅せてくれました。
また今回優勝した伊藤さんは、最年長での優勝ライダー(44歳)という記録を打ち立てました。

暗いニュースが続く昨今、こうやって頑張っている人たちの活躍を見ると自分たちも頑張らないと、と気合が入りますね。

Written by fujii on 8月 1st, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

This is the content of the ad2.php file. Leave it blank or include your ad.

壊死した細胞を取り除く「マゴット治療(セラピー)」

マゴット治療(セラピー)という医療技術があります。
これは、血液循環が止まったり糖尿病の症状、または火傷などで体の一部が壊疽してしまった際に、壊疽した部分だけを取り除く治療法です。
マゴットとは平たく言えばウジのこと。つまり、壊疽箇所にウジを投入し、死んだ細胞を食べてもらうのです。

ウジはハエの幼虫ですし、腐敗物にも沸くので不潔と思われがちですが、マゴット治療に使うウジは無菌状態で育てられたものを用いるので衛生面では安心です。
患部に放したウジは壊疽した細胞だけを食べ、健康な細胞を食べることはないので正確に患部だけを治療できますし、副作用が起きるような薬品を使うこともないので成功率は外科手術よりむしろ高いと言えます。

この治療法は昔から世界中で行われており、一部の原住民などの間では常識となっていたようです。
日本でも戦時中、負傷した兵士の傷が、ウジが沸いた部分のほうがそうでなかった箇所より治りの早いことが確認されました。
近代に入ってからは抗生物質などの薬剤の進化により下火になりましたが、副作用などが問題になってきている今、改めて注目されている治療法です。

Written by fujii on 8月 1st, 2011 with no comments.
Read more articles on 未分類.

This is the content of the ad3.php file. Leave it blank or include your ad.

This is the content of the ad4.php file. Leave it blank or include your ad.